エントランスの印象・・・

中古マンションメリット

立地が良く、価格に見合う物件だったとして、
「共用部分にゴミやタバコの吸殻が落ちている」
その物件を選びますか?

専門家のアンケートの結果、『資産価値を大きく下げる』
という回答が多かった中に、

『共用部分にゴミやタバコの吸殻が落ちている』
『エントランスや郵便受けに、チラシが散乱している』
というものがありました。

中古物件を選ぶ際の注意点として、マンションの外観
と同じくらい、共用部の管理は重要です。

人間の心理学で、美観の方程式が存在するといわれていますね。
たとえば
きれいに片付いた場所は、きれいに使う
ゴミが落ちて汚れているところには、平気でモノを捨てる
・・・というものです。

エントランスや共用部は、マンションの価値を左右します。
『エントランスにチラシが散乱している』、
『共用部分にゴミやタバコの吸殻が落ちている』、
『自転車の置き方が乱雑』『ゴミすてのマナーが悪い』、など
入居者の質が悪いと思われる物件は、どんなに建物はきれいでも、
あきらかに資産価値は落ちてきます。

規約や管理がしっかりしているか、入居者のマナーはどうか
購入前に知ることができる点は、中古物件ならではのメリットといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました