マンションの3大トラブル駐車場(来客用駐車場)

マンションの3大トラブルの一つに挙げられるのが、敷地内にある駐車場をめぐるトラブルです。

分譲マンションの中には、来客用駐車スペースを確保しているところもありますが、来客用駐車場についての使用細則がない、また使用時間、使用細則を守らないなどトラブルは絶えません。

訪問先の部屋番号が書かれた用紙をダッシュボードに掲示するというルールはあっても、守らない人が出てくれば不公平感が募ってきます。また、管理人が常駐で無い場合は、どうしても目が行き届きにくくなりますね。

私の住むマンションでも、やはり同じような、特定車両による長時間駐車問題が浮上しました。
そして、来客用駐車場の利用細則なども検討した結果、不公平感につながるとの見解で、来客用駐車場は廃止し、その分のスペースは、希望者に通常規約通り貸し出すことで落ち着きました。
(もちろん、その分の使用料は、修繕積立金に加算することになりました)

永年住むことを前提にした分譲マンションなどの場合、直接的な抗議は、あとあと気まずい思いを残してしまいます。住民間での不協和音は、管理組合の運営においてもマイナスに働いてしまうでしょう。

駐車場に関するマナー違反など、見て見ぬふりをするのではなく、管理規約に記載されている事柄に関しては、基本的に管理会社に連絡し、規約にないことに関しては、組合で話し合い、細則をつくっていかなければ気持ち良い暮らしは約束されません。

こういった規約の見直しの一つ一つが、快適な生活につながり、引いてはマンションの資産価値を高めていきます。

タイトルとURLをコピーしました