ペット飼育細則(管理規約)

「ペット共存型マンション」が増えてくるとともに、細則の見直しを行う管理組合も多くなってきました。

ペットを飼うことが許されているとは言え、全てが許されているわけではありません。
「ペット共存型マンション」であっても、管理規約はあらかじめ確認し、把握しておく事は重要です。
また、ペットを飼っていない人とも、気持ち良く暮らせるよう、ルール作りは不可欠といえるでしょう。

以下は、私の住むマンションでのペット飼育細則の一例です

【飼育申請】
ペット飼育に関しては指定の用紙により理事長に
「飼育申請」をし、許可を得なければならない

【飼育申請添付書類】
誓約書
犬の場合は予防注射および登録の証明書の提出

【飼育表示】
管理組合発行のラベル・保険書交付のラベルを玄関に明示

【飼育制限】
愛玩用犬、猫、小鳥、魚類など鑑賞用・愛玩用小動物
室内飼育に限るに限る
体長制限が設けられています

【飼育ルール】
・法定予防注射や、登録、定期的な健康診断
・飼育は専用部に限る(ベランダ・バルコニーでの飼育の禁止)
・指定された場所以外での排便・排尿・ブラッシングの禁止
・窓を開けたまま、室内でブラシングしてはならない
・無駄吠え、発情期における鳴き声などに十分注意する
・エレベーター内・共用部においては、抱きかかえる・ケージに入れ移動する

【飼育者の責任】
ペットによる汚損・破損・傷害などが生じた際は、理由の如何を問わず
飼育者は全責任を負わなければならない

【細則違反】
飼育者がこの細則に違反し、他に危害、迷惑をかけた場合、理事長は
ペットの飼育を禁止することができる

【改 廃】
本細則の改廃は、総会の決議により行う

など

タイトルとURLをコピーしました