売れる物件、貸せる物件 (定期借家契約)

資産価値の高いマンションを考える場合、「売れる物件貸せる物件」
であるということは、一つのポイントといえるでしょう

永く住み続けるつもりで購入したマンションでも、転勤などによって
一定期間賃貸に出すことも考えられますし、最終的には売却も考慮に
入れておく必要があります。

賃貸に出す場合
転勤などで一定期間だけ賃貸にしたい場合は『定期借家契約』で貸す
必要があります。定期借家で賃貸すれば、契約期間終了後は、
更新されることなく賃貸物件の返還を受けられます。

定期借家とは別に『普通借家契約』でマンションを賃貸に出した場合、
借地借家法により、貸主からは正当な事由がない限り一方的に契約
更新を拒否することができません

また、賃貸に出す場合も、売却する場合においても、
売れる物件=売りやすい物件
貸せる物件=借り手が多い物件
であると、貸主にしてみると大変有利に働きます。

いざという時に、売れる物件借り手の多い物件とは、
どのような物件か・・・買い手側、借り手側にとって、
『より条件の良い、人気の物件』
ということになります。

マンションを購入するにあたって、個人の優先ポイントと共に、一般的に
人気のあるマンションの条件を考慮に入れ、検討すると、いざという時の
リスクを低くすることができます。

タイトルとURLをコピーしました