生ゴミディスポーザーは必要?

生ゴミを粉砕処理してゴミを少なくする「生ゴミディスポーザー」。
最近、新築分譲マンションを中心に、オプションで設置する
ところが増えてきました。

生ゴミは、夏場は匂うし「生ゴミディスポーザー付き」なんて、
チラシにうたってあると、主婦にとってありがたい設備仕様の
ように思えてしまいます。

もちろん、最近のディスポーザーは環境にも配慮されている
ようです。
しかし、長い目で見たとき、廃水処理装置のメンテナンスや、
経年による故障の問題、使用時の音の問題など、避けて通れません。
また、粉砕処理するとはいえ、配管が詰まる原因にもなりかね
ません。

マンション購入時には便利に思える機能でも、維持管理費が
かかるような設備は、後になるほど負担が重くなるので、
熟考が必要です。

どうしても欲しい機能なのか、どうか、維持費にどのくらいの
費用がかかるのか購入前に、チェックしておかれた方がよいで
しょう。

ちなみに
ディスポーザーの出始めの頃は、処理装置の関係で、
後付は何かと問題がありました。
現在のマンション設置型は、生ゴミ専用の廃水処理装置で
浄化してから排水するので環境への負荷も軽減できるように
なっているそうです。

タイトルとURLをコピーしました