騒音 (人気の高いマンションの条件)

資産価値の高いマンションを考える場合、「売れる物件貸せる物件」
であるということは、一つのポイントといえるでしょう

終の棲家としての購入で、これから移動、売却の予定が全く
無い場合を除いて「貸すこと売ること」を想定に入れて、
マンションを選ぶことは大切と言えます。

『売却・賃貸』を考えた場合、住居用マンションは閑静な場所にある
物件を希望する人が多く、幹線道路に面しているより、一本入った
ブロックの物件の方が好まれる傾向があります。

幹線道路沿いにあるマンションは、車やバイクの騒音問題です。
しかし、最近のマンションはサッシ、ガラスなどに防音対策を講
じているものが多く、実際に窓を開けない限りは静かである物件
が多いです。

防音対策が施されていれば、問題ないように考えがちです。
ところが実際に賃貸や売却となると、騒音問題は解消しているに
も関わらず、なぜか条件として不利に働く場合が多いといいます。

騒音問題は、集合住宅で生活していく上で、切り離して考える
ことはできません。上階の音、子供、ピアノなどの楽器、などなど。
しかし、はじめから分かっている交通騒音に関して、選択の段階
で、外されてしまうのは仕方のないことかもしれません。

上記を考えた場合、一般的な人気のマンションの条件は、
幹線道路沿いは避け、閑静な場所であることが望ましいと言えます。

タイトルとURLをコピーしました