マンションデベロッパーの業績を確認

物件概要欄は、とても小さな字で記載されていますが、
実は、マンション広告の中で、重要なことが盛り込ま
れている箇所です。事業主、売主は必ず確認しましょう。
また、デベロッパーが潰れたらマンションについてい
る補償も終わりになってしまうので、デベロッパーの
業績についても事前に確認しておきましょう。

【事業主】
事業主は、一般的に売主と同じ場合が多く、広告記載マンションの事業全体を取り仕切っている会社のことです。
「売主」もしくは「事業主」のみの記載の場合は、「事業主=売主」のパターンがほとんどです。
事業主は土地を仕入れ、設計会社、施工会社、販売会社にそれぞれ外注して、マンションを企画、建設、販売します。

【売 主】
「事業主」と「売主」が別会社の場合・・・
マンションの契約対象は売主です。事業主は、直接的には関係がないといっても過言ではありません。購入者と契約を結ぶのは、売主です。それ以外の会社は、事業主、あるいは売主から業務委託を受けた会社ということになります。

【販売提携(販売会社)】
販売会社は、事業主、あるいは売主から販売業務を請け負っている会社です。マンションを購入する場合、購入者と契約を結ぶのは、売主であることを認識しておきましょう。

施工や販売が大手であっても購入者と契約を締結するのはあくまでも「売主」です。
極端な言い方をすると、売主以外は購入者との直接的な関係はありません。
マンション購入後のアフターサービスやクレームに対する対応は、全て売主が行います。
当然のことですが、デベロッパーが潰れたらマンションについている補償も終わりになってしまうので、デベロッパーの業績についても事前に確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました