マンション管理組合とは

マンション管理組合とは、分譲マンションにおいて、それぞれの区分所有者によって組織される、マンションを管理するための団体です。

分譲マンションを購入すると、加入の意思にかかわらず、自動的に購入したマンションの「管理組合員」になることが、法律で定められています。

マンション管理の特徴は、所有者全員が加入する「管理組合」が、建物の共有部分と敷地の維持管理の責任を負うことです。
共用部分の清掃や管理人の雇用といった実質業務は管理会社に委託しますが、マンション管理の主役は管理組合で、その決定には法的な拘束力もあります。

この部分だけに焦点を当てると、
「管理組合なんて、なんだか面でくさそう」
と思いがち・・・でも悪い面ばかりではありません。

戸建て住宅の場合は、全てを個人において管理することになりますが、管理組合は、様々な経験と知識を持った方たちが集まり、管理運営していくことによって、トラブルの対処や、交渉において一個人よりも大きな力を持つことができます。

管理組合活動が機能しているマンションは、管理が行き届いているため、築後年数がたっても、あまり資産価値が下がらないといわれています。

また、管理組合がしっかりしていると、改修工事においてもその力を発揮します。
管理会社のいいなりに財布のひもをゆるめることなく、結果的に管理や修繕工事のコストを下げることも可能です。

各区分所有者が管理組合の活動に積極的にかかわることで、そのマンションは、より暮らしやすく資産価値の高いものとなるのです。

タイトルとURLをコピーしました