専有部分・共用部分

分譲マンション権利系体が少し複雑です。
その為、権利を明確にするよう、建物の区分所有などに関する法律
区分所有法」という、マンション専用のルールがあります。

マンション購入に当たっては、「区分所有法」についてある程度の
内容を知っておかれた方がよいでしょう。

専有部分
分譲マンションを購入した場合、その購入した居室部分を専有部分
といいます。マンションを購入した場合は、区分所有権を持つ区分
所有者となります。
専有部分には細かい決まりがあり、サッシ、網戸、玄関ドア等は、
専有部分に付随していても、共用部分になります。
(さらに詳しく言えば、玄関の内側は専用部、外側は共用部です)
また、構造躯体の表面までは共用部分とされ、その表面に貼られた
クロス、浮き床、天井は専有部分となる場合が多く、詳しくは購入
したマンションの管理規約に定められています。

共用部
廊下、階段、エレベーター、エントランス、など区分所有者全員が
共同利用する建物部分を共用部分といいます。
また、サッシ、網戸、玄関ドア、バルコニー、ポーチなどは、区分
所有者が専用使用できる権利を有する共用部です。
共用部は、個人で自由に仕様を変えることができません。
持ち分の割合は、原則として専用部分の床面積の割合になります。

専用使用部分
サッシ、網戸、玄関ドア、バルコニー、ポーチなどは、専用使用部
で、区分所有者が排他的に専用使用することができる共用部分です。
区分所有者が専用使用する権利をもちますが、基本的に共用部分で
あるため、使用方法は管理規約で定められています。

タイトルとURLをコピーしました